よくある質問

Q:打上げ場所はどこですか?

 A:打上げ場所は狛江市多摩川緑地グランド(小田急線河川橋下流)になります。パークハイム狛江から多摩川を見て正面となります。

 

 

Q:どんな花火を打ち上げますか?

 A:これまでも狛江の花火大会で打ち上げてきた伝統的なスターマイン、メッセージ花火、音楽と花火のコラボになるハナビリュージョンなどとなります。

 なお、ハナビリュージョンの際には多摩川を渡して狛江市と川崎市を結ぶナイアガラ花火を予定しています。

 打上げ発数は、前回の平成27年度の「狛江市民花火大会」と同様の約5,000発を打ち上げます。

 

 

Q:前の花火大会はいつまでやっていましたか?

 A:平成16年の32回花火大会を最後に、それ以降は平成22年に6年ぶりに市制施行40周年事業「音楽と花火の祭典」として実施し、平成27年には市制施行45周年記念事業として5年ぶりに実施をいたしました。前回開催直後から、狛江の花火を再び見たいとの声を多くいただいたことを受けて、今回3年ぶりの開催となります。

 

 

Q:セレモニーイベントは何をやりますか?

 A:午後6時30分から6時50分までは、川崎市公認のご当地アイドル「川崎純情小町」が、午後6時50分から7時10分までは、狛江市が誇るパフォーマンス集団「コマエンジェル」がセレモニーイベントを行います。
 午後7時10分から7時30分まで、主催者挨拶等のオープニングイベントを行い、花火開始のカウントダウンを行います。

 

 

Q:当日、雨が降った場合は?

 A:小雨等であれば開催する予定ですが、打上げ場所のコンディション等ありますので、当日午前10時の状態を確認し、荒天(雨天・強風)の場合は中止となります。

 

 

Q:当日何か食べ物を買う場所はありますか?

 A:各会場に飲食品等の出店(露店)がありますので、どうぞ御利用ください。

 

 

Q:有料席の券や招待席の券をもぎった後の半券は、捨てても大丈夫ですか?

 A:券をもぎった後の半券については、有料席・招待席エリアの専用出入口・自由観覧エリアとの境界のゲートにて再入場の際に必要になりますので、大会終了時までお持ちいただきますようお願いいたします。また、ぶらり寄り道キャンペーンを実施しており、半券を参加店舗にお持ちいただくとお得なサービスを受けられますので、ぜひご利用ください。

 

 

Q:会場にトイレはありますか?

 A:狛江側第一会場に6箇所(内一般観覧者が入れない有料席・招待席エリアに2箇所)、狛江側第二会場に1箇所、川崎側第一会場に3箇所(内一般観覧者が入れない有料席エリアに1箇所)、川崎側第二会場に2箇所あります。

 なお、会場のトイレには限りがありますので御了承ください。

 

 

Q:最寄り駅はどこですか?

 A:狛江側会場については、小田急線和泉多摩川駅から徒歩4分。川崎側会場については、小田急線・JR南武線登戸駅から徒歩5分となります。

 

 

Q:交通規制の時間はいつからですか?

 A:当日、午後6時から9時30分までとなります。御協力をお願いいたします。

 

 

Q:ゴミはどこに捨てればいいですか?

 A:会場内にゴミ集積所を設けていますので、必ずそちらへ捨ててください。

 

 

Q:パンフレットはもらえますか?

 A:当日、会場内等において、パンフレットを配布いたします。

 

 

Q:土手の辺りで観ても良いですか?

 A:狛江側第一会場・第二会場、川崎側第一会場・第二会場につきましては、土手は会場への通路等になっております。そのため、土手で観覧されると皆さんの通行の妨げとなりますので、土手等で立ち止まっての観覧や座り込んでの観覧は禁止といたします。