よくある質問

Q:打上げ場所はどこですか?

 A:打上げ場所は狛江市多摩川緑地グランド(小田急線河川橋下流)になります。
 パークハイムから多摩川を見て正面となります。

 

 

Q:どんな花火を打ち上げますか?

 A:これまでも狛江の花火大会で打ち上げてきた伝統的なスターマイン、市民メッセージ花火、音楽と花火のコラボになるハナビリュージョンなどになります。

 なお、ハナビリュージョンの際には多摩川を渡して狛江市と川崎市を結ぶナイアガラ花火を行います。

 打上げ発数は、前回の「音楽と花火の祭典」の際の4,000発を超える5,000発を打ち上げます。

 

 

Q:前の花火大会はいつまでやっていましたか?

 A:平成16年の32回花火大会を最後に休止をしておりました花火大会ですが、平成22年に6年ぶりに市制施行40周年事業「音楽と花火の祭典」として復活し、今年は市制施行45周年記念事業として5年ぶりに実施をいたします。

 

 

Q:セレモニーイベントは何をやりますか?

 A:午後6時30分から6時50分までは、川崎市の団体で、YOSAKOIソーランから派生し、地元の曲で舞い踊る「かわさき舞祭」が、午後6時50分から7時10分までは、狛江市の団体で、勇壮な太鼓演奏を行う「きんたの会」がセレモニーイベントを行います。
 午後7時10分から7時30分まで、主催者挨拶等のオープニングイベントを行い、花火開始のカウントダウンを行います。

 

 

Q:当日、雨が降った場合は?

 A:小雨等であれば開催する予定ですが、打上げ場所のコンディション等ありますので、当日午前10時の状態を確認し、荒天(雨天・強風)の場合は翌日へ順延になる場合もあります。
 なお、翌日に晴れた場合についても、打上げ場所や多摩川の状態によっては開催ができない場合ありますので、その場合につきましては残念ながら中止ということになります。

 

 

Q:当日何か食べ物を買う場所はありますか?

 A:各会場に飲食品等の出店(露店)がありますので、どうぞご利用ください。

 

 

Q:有料席の券や招待席の券をもぎった後の半券は、捨てても大丈夫ですか?

 A:券をもぎった後の半券については、有料席・招待席エリアの専用出入口・自由観覧エリアとの境界のゲートにて再入場の際に必要になりますので、大会終了時までお持ちいただきますようお願いいたします。

 

 

Q:会場にトイレはありますか?

 A:狛江側第一会場に6箇所(内一般観覧者が入れない有料席・招待席エリアに2箇所)、狛江側第二会場に1箇所、川崎側第一会場に2箇所(内一般観覧者が入れない有料席エリアに1箇所)、川崎側第二会場に1箇所あります。

 なお、会場のトイレには限りがありますのでご了承ください。

 

 

Q:最寄り駅はどこですか?

 A:狛江側会場については、小田急線和泉多摩川駅。

 川崎側会場については、小田急線・JR南武線登戸駅となります。

 

 

Q:交通規制の時間はいつからですか?

 A:当日、午後6時10分から9時30分までとなります。ご協力をお願いいたします。

 

 

Q:ゴミはどこに捨てればいいですか?

 A:会場内にゴミ集積所を設けていますので、必ずそちらへ捨ててください。

 

 

Q:パンフレットはもらえますか?

 A:有料席・招待席の方については、特典としてパンフレットを配布いたします。
 また、当日は狛江第一会場のスロープ付近、狛江第二会場、川崎第一会場、川崎第二会場等にて一般配布用のチラシ(A2版四つ折り)を配布いたします。

 

 

Q:土手の辺りで観ても良いですか?

 A:狛江側第一会場・第二会場、川崎側第一会場・第二会場につきましては、土手は会場への通路等になっております。そのため、土手で観覧されると皆さんの通行の妨げとなりますので、土手等で立ち止まっての観覧や座り込んでの観覧は禁止といたします。